ほんとに危険な脱水症状…身体や肌に起こる影響は!!!|Beauty Styling(ビューティースタイリング)

ご予約・お問い合わせ

求人案内

恵比寿店

自由が丘店

スタッフブログ スタッフブログ

BLOG

スタッフブログ

2017年8月4日

ほんとに危険な脱水症状…身体や肌に起こる影響は!!!

 

 

 

 

こんにちは!

ビューティースタイリング
自由が丘店の三浦です😆❗️

 

 

 

 

今日は脱水症状について
お話しします!!!

 

 

 

 

 

 

 

まず最初に、

人間の身体に含まれる水を体液と言います!

 

体液は、身体の60%を占める水分と
ミネラル(電解質)、
タンパク質などで構成されています✨

 

生命維持に関わる

役割を果たしているのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

脱水症の症状は、
水分と電解質が減ることによるものの
2つが複合したもの💦💦

脱水の種類は大きく二つに分けられます。

 

 

 

 

低張性脱水

水分と一緒に血液中のナトリウムが
不足してしまう状態のことで、
だるさや吐き気、痙攣などの症状。

 

長時間のスポーツなど、
発汗をともなう際に発症しやすいです😱

 

 

 

 

高張性脱水

体内の水分だけが不足する状態のことで、
発熱や激しい口渇状態、
意識の混濁なども起こすことがあります。

 

自分で水分補給ができない乳幼児、
高齢者に発症しやすい症状です💦💦

 

 

 

 

 

 

 

 


目に見える発汗の他にも、
無意識のうちに失っている水分量は
体重50kgの人で1日約1000ml😵😵

 

 

 

 

 

日常生活では
就寝時・入浴前後・飲酒のあとは
体内で水分が少なくなりやすいです。

 

濃い尿が出る場合、
尿量が減ってきたときは要注意ですよ😱😱😱

 

 

 

 

 

 

 

運動をするとき
水分補給のタイミングは
運動開始の30分前に数回に分けて飲み、
運動中は20~30分を目安に☺️✨

 

 

 

運動が終わった後に
一気に水分補給をすると大量の排泄につながって
ミネラルを失いますので、
何回かに分けて飲むことが大切です☀️

 

 

 

 

 

 

通常の水分補給では

水やお茶を飲んで大丈夫ですが
大量の汗をかいたときは、水分とともに
塩分などのミネラルが失われるため、
水だけを飲むと体液を薄めることになり、
身体は余分な水分を排出しようと働きかけて
脱水を進めることも考えられます💦

 

 

 

 

 

 

そんなときは

水分、塩分、糖分がバランスよく配合され

身体への吸収もよい
経口補水液が最適です☺️✨✨

 

 

スポーツドリンクと比べても、
糖分が少なく塩分量に配慮されています!

 

 

 

 

 

 

 

反対に汗をかいたあとの
飲み物に不向きなものは、
カフェインの含まれる緑茶など😵

 

 

カフェインには利尿作用があり、
水分とミネラルの排出を促すため
より多くの水分が体内から
失われてしまう恐れがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汗をかくことでお肌にも
少なからず影響は出てきます(T_T)❗️

 

 

 

 

汗と共にビタミンやミネラルは
一緒に流れてしまいます。

 

お肌はミネラル不足で
ボロボロになりやすいため、
夏場の肌荒れはとても厄介です😵💦💦

 

 

 

 

 

健康面だけでなく、
美容にも悪影響があるので
脱水症状は気をつけたいですね😱

 

 

 

 

 

 

もし、脱水の軽い症状がでたときは
経口補水液などで、
水分とミネラルを補いましょう🌻

 

ゆっくりと飲むのが基本です!

 

 

 

 

 

安静にしていれば、
10~20分くらいで
症状がおさまってくるでしょう😊

 

しばらくしても回復しない場合や
重度の脱水症状の場合は、
すぐに病院に行きましょう!!  

 

 

 

 

 

 

 

 

特に自分で対処が難しい
乳幼児・高齢者には注意が必要です❗️

 

 

 

喉の渇きを感じたときは、
すでに脱水症状が始まっていますので
早めに水分補給して下さい❗️❗️

 

 

 

 

 

ちょっとした意識で
脱水症状は防ぐことができます😌✨

 

 

 

 

 

 

 

ビューティースタイリング
自由が丘店 三浦

一覧へ戻る

Page Top